結婚式の思い出プリント

結婚が決まってから挙式までの色々な体験談をお届けします。新郎・新婦さんのお役に立てれば幸いです。

 

手作りのアットホームな結婚式でゲストに喜んでもらえることだけを考えました。

2012年4月に大阪市北区梅田のハービスエント小さな結婚式で挙式と披露宴をしました。この結婚式場にした決め手は、母の紹介と主人の親族の方が遠方から来ていただくということで、交通アクセスが梅田だと都心で分かりやすいと思いここに決めました。招待した方は、主人の方は親族の方のみで平日の結婚式だったので友人がお仕事や遠方だったのでそうなりました。私は大阪出身で、親族と友人を招待しました。総勢50名の式場の名前のとうり小さな規模でのアットホームな結婚式となりました。披露宴の準備で大変だったのは、二人とも仕事をしながらの準備だったので、仕事が終わってからの招待状の準備であったり、ウェルカムボードを製作したり、手作りの物が多かったので徹夜することもあり疲労感がありました。疲れていると、少々のことでも口喧嘩することも増えたり、苦い思い出です。それでも、二人で一つの目的に向かってする作業は、恋人として最後の共同作業になると思い、形になっていくと分かち合える喜びも一塩でした。披露宴での一番の思い出は、ビンゴゲームです。ゲストの方が一体となって、景品も高価なものではありませんでしたが、喜んでいただけて本当に良かったなと思います。披露宴当日に、もっとこうすれば良かったなと後悔していることがあり、もう少しゲストの方々が楽しんでいただけるように、もう一つくらいゲームコーナーを設けても良かったかなと思います。これから、結婚を控えているカップルの方々も沢山いるかと思いますが、結婚式の準備は、お互いの家族加わる初めての共同作業で、意見が時にはぶつかることもあるかと思いますが、これを読んでいて気休めにでもなればいいかと思います。どこにでも、もめることはるけれど、一生に一度の盛大な思い出作りだと思って、少し大きな心で楽しめるくらいになれば良いかなと思います。後で、私もあの時あんなことで怒ってしまったこと、後悔しています。笑顔の絶えない思い出に残れば良いなと思います。

OFF
PR