結婚式の思い出プリント

結婚が決まってから挙式までの色々な体験談をお届けします。新郎・新婦さんのお役に立てれば幸いです。

 

こどもと旦那さんにたくさん感謝をした思い出の結婚式

2015年9月に結婚式場での挙式を予定して準備を進めてきました。私たちが当時住んでいた場所は、私の地元であり、たくさんの友達がすでに結婚式を挙げた場所ばかりで、ホテルウェディングよりもゲストハウスのある結婚式場で挙式したいという私の希望により旦那さんの実家のある隣の県で挙式予約をしました。
挙式人数は両家の親族、職場の上司・同僚、友人を含めて100人ほどでアットホームな感じで行いました。
私たちの式は午後からだったので、午前中に両家親族の対面式を行い、挙式、披露宴の流れでした。
披露宴は、新郎新婦の入場、職場上司の挨拶、乾杯、ケーキカット、お色直しのため退場(この間はゲストは会食)、色内掛けにお色直し入場、新郎新婦友人による余興、友人からの手紙、ゲストと写真撮影、お色直し退場(退場後に新郎新婦のプロフィールDVD上映)、カラードレスにお色直し入場、キャンドルサービス、両親への手紙、サプライズでプランナーさんへの感謝の手紙と記念品贈呈、新郎父から挨拶、新郎挨拶、退場の流れでした。
披露宴の準備は本当に大変で、まず子供がいるのに見栄を張って隣県での挙式を選んでしまったことです。細かい打ち合わせがこんなに多いとは思わず、電話とメールで結婚式の準備を進められると安易に思っていましたが、結婚式の招待状を封筒に入れて発送したし、招待客のリストアップや招待客のテーブルの座り順など決める事がたくさんあり、披露宴会場に合わせたテーブルのセットや花の打ち合わせ、ドレスや白無垢、色打ち掛け選びなど、結局最低月1回か多くて2週間に1回は結婚式場に通っていました。
また、0歳児がいての結婚式準備は子供が寝静まってからしかできず、結婚式1か月前は結婚式の準備、旦那さんが休みの日は結婚式前のエステや脱毛に追われてほとんど不眠不休での作業だったと思います。また、旦那さんとの音楽の趣味の違いで使いたい曲が決まらず意見の食い違いからお互いにイライラしていました。せっかくの結婚式だから私としては2人で楽しみながら準備をしたいのに、準備に対して非協力的な旦那さんの態度に私の言葉もきつくなり、些細なことで口論になり険悪ムードになることが多かったです。
ですが、今振り返るとそんなに喧嘩ばかりではなくて、何度も何度も私のドレス選びに付き合ってくれたり、ドレスを着た印象についていろんな意見を出してくれたり、子供の面倒もよく見てくれて、とても助かりました。
結婚式の前にはロケーションでの前撮りを行ったのですが、カメラマンさんに乗せられ上機嫌でポージングしたり、普段できない体験をたくさんさせてもらいとても楽しかったです。
結婚式当日はチャペルの階段下でブーケトスを行いました。旦那さんもぬいぐるみが入ったバズーカを打ったのですが、逆風によりゲストではなくぬいぐるみが自分のところに帰ってくるという珍事件。これにはゲストも爆笑で、一番の思い出です。
出産の10ヶ月後の結婚式だったのですが、体型がなかなか戻らず、ドレス選びに苦労しました。補正下着で体型を整えはするのですが、背中や脇の肉までは隠しきれず、もう少し産後のダイエットを頑張ればよかったなと思いました。
夫婦二人の結婚式に憧れていましたが、子連れの結婚式となりました。子連れでの結婚式の主役は新郎新婦ではなく完全に子供です。子供が動いたり話したりするたびにゲストは歓喜してくれます。私たちの場合は大事な我が子のお披露目も兼ねていたので丁度良かったです。
また低月齢の子供を連れての結婚式は、子供がぐずり始め新婦がドレスで抱っこなんてなったら大変です。私たちが午後の挙式・披露宴にしたのは子供のお昼寝の時間に合わせたかったからです。
結婚式当日に子供はたくさんのゲストをみて興奮したり、泣いたりすると思います。ブライズルームでお昼寝したり、遊ばせたりできるように配慮できるように環境を整えてあげると良いと思います。

OFF
PR