結婚式の思い出プリント

結婚が決まってから挙式までの色々な体験談をお届けします。新郎・新婦さんのお役に立てれば幸いです。

 

それぞれの家族にも協力してもらった披露宴

2013年09月,JR駅の近くにある結婚式場で結婚式を挙げ,披露宴を行いました。

結婚式場と披露宴会場は約100メートルほど離れていましたが,私たち二人はその間を真っ白なリムジンで送っていただきました。

職場結婚でしたので,披露宴の出席者は親類縁者30数名のほか,職場の上司・同僚やそれぞれの学生時代の友人たちなど50数名の出席者でした。

集まっていただいた方々には結婚式や親族紹介などを式場でやっている間の待ち時間に,披露宴会場につづく広い待合室にソフトドリンクやお菓子・ケーキなどを用意してお待ちいただきました。

また,待合室の一角ではフルートの生演奏をしていただきました。

披露宴は新郎新婦の入場から始まり,開宴の挨拶を新郎がしました。
続いて,来賓の祝辞,友人挨拶,ケーキ入刀,お色直し,ゲーム,キャンドルサービス,両親への感謝の言葉,お色直しの間の生い立ちビデオ放映など定番の行事をし,その間に洋式のコース料理がサービスされ,アルコールも含めフリードリンクとして楽しんで頂きました。

また結婚式当日を迎える前の準備段階では,なるべく費用を節約しようと二人で話し合っていましたので,まずは招待状や席次表など定番の印刷物を自分たちで作ることにしました。

これらの書類の印刷は,けっこう期限ギリギリになってしまいましたのでちょっとハラハラしましたが何とか間に合いました。

また,披露宴会場のドアの前に配置するウェルカム・ボードや二人の写真・人形などのディスプレイを自分たちで作成したのですが,これには私たち双方の両親も手伝ってくれましたので,事前の結婚式準備の段階で両家がけっこう頻繁に連絡を取り合って,良い関係を築くことができたのではないかと思っています。

キャンドルサービスのあと,各テーブル毎に記念撮影をしたのですが,後日皆さんにその写真を送ってとても喜ばれました。

後から考えると出席者全員の集合写真を撮っていたらもっと良い記念になったかな,とも思いました。私たちは,結婚式場を決めるにあたって結婚式場を三つほど訪問しましたが,その際良い参考になったのはSNSの情報です。

自分たちが希望する結婚式にするのに,先輩諸氏の口コミがとても良い参考になりました。

OFF
PR