結婚式の思い出プリント

結婚が決まってから挙式までの色々な体験談をお届けします。新郎・新婦さんのお役に立てれば幸いです。

 

皆が笑顔で楽しみ、感動してくれた披露宴でした。

2013年2月に結婚式専門会場のアクアデヴューにて挙式、披露宴を行いました。
双方の職場の上司や同僚、幼稚園から大学までの友達、兄弟、親戚を招待し、80名程の挙式、披露宴を行いました。
披露宴の準備では、生い立ちムービーの作成、招待状の宛名書き、両親への手紙を考える事など大変な事がたくさんありました。
生い立ちムービーはかっこ良く、尚且つ感動するように作るのがなかなか難しく時間がかかりました。
招待状は、主人の招待客の分まで宛名書き、招待状の中身の組み合わせ、切手貼り、送付の全てを私が行うことになり丁寧に行わなくてはいけないし、多すぎて大変でした。
もう一つ、両親への手紙は伝えたい事が沢山あるのに、それを考えていると涙が溢れてきてしまい、今まで育ててもらったことを思い出しているとなかなか書くことができず、泣いてばかりでなかなか進みませんでした。
でも、当日までの準備はとても楽しく、特に料理決めやウェルカムボード作り、友達や同僚へのメッセージ書きが楽しかったです。
料理は皆が喜んでくれるようにとあれこれ考えるのがとても楽しかったです。
ウェルカムボードは当日着れなかった衣装の写真で作ったので、それを披露することができて嬉しかったです。
友達や同僚へのメッセージ書きは、今までの感謝や当日来てくれた事への感謝をきちんと伝えられたので、一人一人に書いて良かったと思っています。
後からムービーを見て思ったのですが、ただ招待されたから来た、という感じではなく披露宴で楽しい場面では皆が笑顔で楽しんでくれていて、感動の場面では、皆が感動して沢山の方が涙してくれていた事が一番嬉しかったし一番の思い出になりました。
両親へ、普段伝えられない感謝の気持ちを伝えられた事も本当に良かったしいい思い出です。
唯一、髪型だけ打ち合わせと少し違いかわいさ半減してしまったので、「ちょっと違います。」と伝えて直してもらえばよかったなぁ、と思いました。
これから結婚式を挙げられる方は、結婚式はまず金額も気になるとは思いますが、人生に一度の晴れ舞台ですし、妥協せずに本当に納得のいく結婚式にする事が一番だと思います。

OFF
PR